山吹

f:id:tinamaru:20150418065934j:plain

先日のこと、箱根でみごとに咲く山吹に出会いました。

 

八重のその花は、まるで薔薇のように美しく

なにかを物語っているかのようでした。

 

北鎌倉では、一重の山吹が 家々の庭を飾っています。

 

そういえば 八重の山吹に出会うのは珍しいな~と思い出しているうちに

ふと 次の歌が 浮かびました。

 

 

 

 

「七重八重 花は咲けども 山吹の 実の一つだに 無きぞ悲しき」

                       《作者》 兼明親王

 

おそらく一度は聞いたことがある歌かと思いますが

現代語訳によると下記の訳になります。

 

雨が降った日、蓑を借りる人がいましたので、山吹の枝を折って取らせました。その人はわけもわからずに通り過ぎまして翌日、(蓑を借りようとしたのに)山吹を折って渡された意味がわからなかったということを言って寄こしてきましたので、返事として詠んで送った歌
七重八重に(あでやかに)花は咲くけれども、山吹には実の一つさえもないのがふしぎなことです。わが家には、お貸しできる蓑一つさえないのです。
 (中略)

 

八重咲きのこの花は、実をつけないのだそうです。

「実のない」と「蓑の無い」をかけるなんて、粋だなと思っていただけだったのですが、この歌には補足がありました。

 

若き日の太田道灌が蓑を借りるべくある小屋に入ったところ、若い女が何も言わず山吹の花一枝を差し出したので、道灌は怒って帰宅した。後に山吹には「七重八重花は咲けども山吹のみのひとつだになきぞ悲しき」の意が託されていたのだと教えられ無学を恥じたという有名な話が『常山紀談』に載る。」

 

太田道灌が、その渡された山吹の花一枝の意味をあとから知り、

自分の無知を大変恥じたという逸話があったことを

わたしも あとから知りました。

 

 

 

太田道灌は、鎌倉ともご縁が深く、また江戸城を築城したことでも有名です。

その彼が、知らなかったことを詫びる。 

無知を恥たあとの 謙虚な姿勢に戦国武将の美学を感じます。

 

 「聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥」

 とは言いますが

 

歴史に名を残す一流の人は やはり謙虚。

 

 

八重咲の山吹の花から 彼の謙虚さを改めて感じとった 朝は

なぜか、理由のない充実感で満たされております。(笑)

 

 

今日は いつも以上に忙しくなりそうな土曜日ですが

謙虚って やっぱり美しい。

 

仕事の前に この和歌を思い出したことに

 今日も「ありがとう」。

 

 

❦ tina

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする