海の中の魚

 

f:id:tinamaru:20150514201141j:plain

 

 

海の中の魚が 海の話を聞き 海を見たい と思いました。

しかし、海の中にいては、海をみることはできません。

 

なんとか見たいと思い

魚は努力し、苦労をします。

 

 

波打際まで いったり

飛び跳ねたり

海の底まで いったりと

 

 

そしてあるとき、気づくのです。

 

「自分は、海の中にいる!」

「自分のいるところが海であった!」と。

 

修行とは そういうものです。

 

 

 

~北鎌倉円覚寺・横田南陵管長さまの法話より~

 

 

 

 

 

このお話には、続きがあります。

私たちの中にある仏心を魚に例えての法話です。

 

 

 

魚が海の中で生まれ、海の中で生き

最後に海の中に帰っていくように

 

わたしたちも同じであると。

 

 

 

 

仏心の中に生まれ

最期に、仏心の中で息をひきとる・・・・。

 

 

わたしたちは、常に、仏心の真っ只中で生きています。

 

 

 

 

 

そして 悩み苦しんだ末に

そのことに気づいた人の涙は とても美しいものです。

 

 

 

 

 

 

 

❦ tina

 

広告を非表示にする