この町で

f:id:tinamaru:20150518193609j:plain

 

この街で 暮らしていた日々が

遠くに感じられる

 

時々 仕事で訪れる この街は 以前わたしが住んでいた場所だ

 

 

駅を降りると

緑の木々が 無機質なコンクリートのマンションを

優しく覆うように立っている

 

 

仕事から帰ると いつも部屋の窓から大きな木を眺めては

「また 明日もがんばろう」と思ったものだった

 

今のわたしには ずいぶんと遠いことのように感じられる

 

 

 

 《あすなろの木》を知っているだろうか

「明日はヒノキになろう」と思って成長をする木という俗説があって

幼い頃のわたしは、ずっとそのことを信じていた。

 

 

アスナロは、ヒノキになろうと思って、ヒノキには、なれない木。

 

しかし、なろうと思って努力することの大切さを

なぜか、子供ごころに感じていたのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

そんなことを 午後のまどろみの中で

思い出していた。

 

 

 

 

 

 

今日は 仕事を終えたあと 

やけに眠くなって うとうととしてしまったのだが

そういうことだったのか・・・・。と。

そして、ふと、新月であったことに 気づく

 

今の わたしには その気づき加減が ちょうどよい

 

 

知らずに 月のリズムで暮らすことは

森から吹いてくる風に 

そっと体を預けるような心地よさがある

 

 

 

 

精一杯のことをしたあとは

自分の 体とこころに 正直に生きる

 

 

 

さんざん がんばってきたのだから

この森に囲まれた町で 今 無理なく生きることを選ぼう。

 

 

 

 

 

速度を上げるばかりが、人生ではない。
There is more to life than increasing its speed.

= マハトマ・ガンジー =

 

 

 

 

 

 

❦ tina

 

広告を非表示にする