3つの恋唄

 

f:id:tinamaru:20150706234146j:plain

f:id:tinamaru:20150706234127j:plain

f:id:tinamaru:20150707002315j:plain

 

突然、雨が降り出して 走り出したふたり

オオバボダイジュの大きな葉が

若いふたりを 優しく見守るように包み込んでいました。

 

 

 

f:id:tinamaru:20150706234217j:plain

f:id:tinamaru:20150706234233j:plain

f:id:tinamaru:20150706234248j:plain

 

凛と立つ フユボダイジュの2本は

その距離感もみごとで 太い幹が印象的でした

手に触れる場所に咲く花が やさしく香りを放っていました

 

 

 

f:id:tinamaru:20150706234318j:plain

f:id:tinamaru:20150706234336j:plain

f:id:tinamaru:20150706234352j:plain

 

最後にずいぶんと探して やっと見つけたのが

リンデンバウムの木

森の奥で ひっそりと呼吸をしていました。

 

 

 

 

 

鎌倉のリンデンバウムの花は 

すでに 咲き終わってしまったので

年内にもう一度 見ることができたことは

とても 嬉しいことでした。

 

 

tinachoco.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

北大植物園で 探し出した3種類の菩提樹たち

 

 

母に ちょっとだけ 時間をもらい

広い園内で この3本の菩提樹を 必死に探しました。

時間内に見つける作業は 宝探しのようで

とても 楽しいものでした

 

 

 

それぞれの木に

そっと 手を添えると

まるで シューベルトのうたが

聞こえてきそうな午後でした。

 

 

 

北海道大学植物園

 

 

 

 

 

 

tina♪

広告を非表示にする