夏の風物詩

 

f:id:tinamaru:20150718175658j:plain

 

 

 

 

 

 

「夏の風物詩」と言われる金魚

 

 

観賞用として、庶民の間で人気になったのは

江戸時代中期の頃からだそうです。

江戸初期の頃には、まだまだ贅沢品だったのだとか

 

 

ちなみに 中国では お金に縁のある

縁起のよい魚として知られ

お金持ちの家には 立派な金魚が飼われているそうです。

 

 

 

 

 

いまでは、夏祭りの屋台でも見かける 

庶民的な 金魚すくい

モナカと和紙とがあったけれど

わたしは モナカですくうのが好きでした

 

モナカだと失敗しても

金魚のえさになるので 許せたような気がします(笑)

あの和紙が破れた時の 残念さと言ったら・・・・

 

 

 

金魚すくい

お金をすくい取るという意味で

広まったのだとしたら 面白いお話ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

急ぎの書類提出のために 郵便局へ行った昨朝

涼しげに泳ぐ金魚を眺めながら 

郵便局が開くのを待ちました。

 

そんな時間に ふと思い出した 

幼き頃の 夏の思い出

 

 

 

 

 

今年は 和紙で挑戦してみようかな。(笑)

 

 

 

 

 

 

今日は あちらこちらから

夏祭りのお囃子が聞こえています。

 

 

 

もうすぐ

暑い夏が はじまります・・・

 

 

 

 

 

 

 

❦ tina

広告を非表示にする