新しい夏

 

f:id:tinamaru:20150722212201j:plain

 

 

 

 

 

今年も、無事に4日間、無事に通い続けた夏期講座が終わりました。
最終日は、閉校式もあり、最後に般若心経を唱えるのですが

そのあとの横田老師さまの お言葉がまた素晴らしいのです。

 

「二日目の 渡辺和子先生のお言葉で印象的だったのが

《祈りとは、教会で祈るだけが祈りではありません。

祈りを唱える人ではなく、祈りの人になりなさい。》とおっしゃったように

夏期講座も同じです。ここで学んで勉強しただけの人ではなく、

外で使える人になるのが本当の学びです。」

 

わたしは、大切なことはいつも最後にあると感じています。

「終わりよければ、すべてよし」と言われるように

何事も 最後はきちんと締めることが大切だと

毎年、最終日の横田老師さまのお言葉を聞くたびに思うのです。

 

わが母上からも 

「物事の終わりは、きちんと締めなさい。」

と子供の頃から大変厳しく、しつけられましたが

区切りをきちんと付けるからこそ

また新たな始まりを呼ぶことができるのかもしれません。

 

 

 

 今日の最終日には、1000人以上の方が集まりました。

そちらの様子は 円覚寺・居士林だよりに詳しく出ています。

居士林だより | 円覚寺

 

 

 

 

 

 

閉校式の後、愛犬チョコの祥月命日のため

海沿いのお寺へと、お墓参りに出かけました。

 

 

 

チョコが亡くなって9年が過ぎました。

恒例の円覚寺・夏期講座の終了とともに

また新しいわたしの夏が、始まりました。

 

 

 

 

 

 

❦ tina

 

 

広告を非表示にする