命題

f:id:tinamaru:20150725215958j:plain

 

 

「鳥は飛ばねばならぬ」

 

鳥は飛ばねばならぬ

人は生きねばならぬ

怒涛の海を

飛びゆく鳥のように

混沌の世を

生きねばならぬ

鳥は本能的に

暗黒を突破すれば

光明の島に着くことを知っている

そのように人も

一寸先は闇ではなく

光であることを知らねばならぬ

新しい年を迎えた日の朝

わたしに与えられた命題

鳥は飛ばねばならぬ

人は生きねばならぬ

 

坂村真民全詩集 第三巻より~



 

 

休日の朝 いつもよりゆっくりと起きて

本を開いた

 

 

目に止まったのが

この詩だった

 

 

 

「ねば」「ならぬ」を 好まない時期もあった

絶対は ないから・・・

しかし 結局のところ

それもまた 「ない」と気づけば

 

 

 

その日 その日を ただ一生懸命生きるだけだ

人も 鳥のように

目指すところは皆 光の場所であるのだから

 

 

昨日の 美しい朝焼けを思い出しながら

そっと 本を閉じる

 

 

 

わたしも 新たな「命題」をいただいた

 

 

 

 

 

 

❦ tina

 

広告を非表示にする