モンサンミッシェル☆その3

 

 

f:id:tinamaru:20151016214503j:plain

 

ちょうど 朝陽が昇ってくる時間に

わたしたちは橋を渡るバスに乗り

もともとは ケルト人の聖地であったモンサンミッシェルに別れを告げた

 

f:id:tinamaru:20151015230638j:plain

 

出発前にみた ホテルの小窓は 

これから昇ってくる 光の道を教えてくれるかのように

淡いオレンジ色に染まっていた

 

 

 

 

f:id:tinamaru:20151016213741j:plain

 

繊細で美しいアーチを描く円柱

 

f:id:tinamaru:20151016213814j:plain

 

修道士たちが回廊を歩きながら

聖書を読み瞑想にふけったという屋上庭園

 

f:id:tinamaru:20151016213829j:plain

 

青い空にすっと建つ 修道院は 

そこがかつて要塞や監獄として使われたという

歴史を忘れさせるかのように とても美しかった

 

f:id:tinamaru:20151016214446j:plain

 

光の道は そこに向かって走り出したくなるようなパワーで

わたしに いくつものメッセージをくれたのだった

 

 

 

 

 

f:id:tinamaru:20151016225441j:plain

f:id:tinamaru:20151016224640j:plain

f:id:tinamaru:20151016224706j:plain

f:id:tinamaru:20151016224737j:plain

 

 

ふわふわのオムレツやガレット・りんごのタルト

ほんの少しの シードル

あまりたくさんは 食べられなかったけれど

旅の食事は そこでしか味わえない何かがある

 

日本人だけではなく 世界中から人々が集まってくる

巡礼地 モンサンミッシェル

 

 

 

まだ キリスト教がこの地に来る以前に

ケルト人たちは この島を聖地とし

墓の山・・・モン・トップと呼んでいたという

 

 

 

708年のある夜

モンサンミッシェル近郊にある 

アヴランシュの町の司教オベールは

夢の中で 大天使ミカエルにこう告げられたという。

 

「この岩山にわたしを祀る 聖堂を建てなさい」

 

 


こうして この島がモンサンミッシェルとして有名になるのは

8世紀からのことになる。

 

 

f:id:tinamaru:20151016224919j:plain

 

 

 

 

 

まるで ミカエルが羽を広げたように 

光に溢れたモンサンミッシェルを 

わたしたちが見ることができたのは

奇跡だったのかもしれない。

 

 

 

 

 

❦  tina