母の椅子

 

 

f:id:tinamaru:20151201221243j:plain

 

 

 

赤々と燃える火の傍に

母の その椅子はあります。

 

母の一日は この椅子に座り

朝一番に 新聞を読むことから始まります。

一日の終わりには 

父の遺品のひざ掛けをかけて

膝の上で 今日の出来事を日記に書いています。

 

年を重ねるごとに ほとんどこの椅子で

過ごすことが多くなった母

 

色あせた 布の一部分は

父が亡くなってから

もう二十年も 母がこの椅子に座っていたことを

物語っています。

 

 

 

 

❦ tina

 

 

 

広告を非表示にする